FC2ブログ

ポケモンマスターズtier表

  • カテゴリ:ネトゲ
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件
※評価は個人の感想であり、商品の効果・効能には個人差があります
※この記事は事実を元にしたフィクションであり、登場する人物、団体名は実在の物とは関係ありません

海外Wikiのあれはストーリー13章までかつマルチ未実装の時に作られたやつなのであまり参考にならない

評価対象
・乱獲orマルチで評価は変わるが基本的にマルチ向けの方が優先度が高い
・周回ゲーなので命中100にできないアタッカーは減点大
・素早さの高いor上げられるポケモンはそれだけで加点
・上位互換もしくはそれに近いポケモンが居る場合減点

T1:持ってるって言うと頼りにされるか妬まれる
T2:選択肢に入る
T3:マイオナ枠
T4:VH以上のマルチに持ち込んだら切断





アタッカー(物理)

T1

ルガルガン:命中100急所エッジによる圧倒的な火力とEXフウロでエンドコンテンツも就職先がある。
相性無視でゴリ押せる上プラスパワーの恩恵が大きいがオートとの相性は悪い

キモリ:AC+6とか言う意味不明なバフからの圧倒的火力。EXタケシでエンドコンテンツも就職先がある。
デメリット部分はジャローダで簡単に補完できる上A+6タネマシンガンも十分に強く将来的に進化して更にステータスが上がる

オーダイル:必中急所水メガトンキック、妙に素早さが高い上にパッシブこらえる持ち
対チェレンで豚を沈める救世主。素のキックは命中率が絶望的でオート適正は全くない

ルカリオ:S+6からのインファイト連打が安定高火力、メガシンカで更に火力が上がる
クリティカットは使わず攻撃回数を確保した方が火力が出やすい。サマヨールと併用した時のぶっ壊れたDPSは妖怪




T2

カイロス:れんぞくぎりを垂れ流し続けた場合の最終的なDPSは全ポケモン最強になる
ただしメガシンカを挟むとリセットされる上、命中100でなく外した場合はリセットされるので安定感が無い

ケッキング:バフ無し単発火力全ポケモン最強。自傷ダメージを回復する時わざゲージも増えるのでlv80以上の場合ソロVHオート最速
脳死で殴った場合のみ最強なので手動やマルチでは強みがない。周回用

カイリキー:やる事はルカリオと同じで火力も似たようなものだが圧倒的に足が遅く命中80で耐久面も2割程度の差しかない
ルカリオで良いが2匹目の格闘が欲しいなら候補に挙がる

ホイーガ:高速高火力の純粋な毒nuker、PTによってクロバットとの使い分け

ドデカバシ:圧倒的な攻撃力を持つが技の威力があまり高くない
敵のバディーズ技をやり過ごした後の2回こらえる遅延はマルチで強力だが、飛行を必要とするEXメイはピジョットでOKな事が問題




T3

ソルロック:自己バフ2倍はユニークだが肝心の自バフがプラスパワーのみで介護必須
技の威力も高くない上命中不安定な事もありエスパーが必要ならネイティオを育てるべき

バンバドロ:現状唯一のまともな地面アタッカー
しかしエンドコンテンツで地面が必須と言える所は無くアタッカーと言うにはステータスが貧弱すぎる

スピアー:爆発力は高いが事実上メガシンカが必須であり技の威力が低く
更に耐久力が無さ過ぎる為範囲攻撃に巻き込まれるだけで半殺しにされてしまう

バンギラス:ステータスが貧弱すぎる600族の恥、悪タイプ要素が全くないので実質サナギラス
必中急所いわなだれは強力ではあるが、全体技でいちいち溜めを挟むとテンポが悪く火力バフと併用できない



T4

ズガイドス:性質的にはケッキングに近いが回復技を持たず自傷だけで死ぬ
命中80を必中にしつつゲージ回復もできるが、ケッキングと違い殴る前にゲージを回復させる上AIはまともに使ってくれない
火力だけを見ても急所エッジ連発するルガルガンより弱い

オノノクス:1ターンで混乱する逆鱗
要介護だが介護しても別に火力は高くない

ローブシン:ルカリオとカイリキーを入れた上でまだ格闘が欲しいのかっていう
ナンバリングのブシンは耐久力と回復力でゴリ押してくるポケモンだが、こっちでは耐久は無く回復量も1/10なので凄く弱い

クレベース:アタッカーなのにターゲットを自分に引き寄せる謎ムーブ
威力180ゆきなだれが強力そうに見えるが、発動条件が受け身な上ケッキングはぶっぱで威力200を出せる。どんまい






アタッカー(特殊)


T1

ピジョット:序盤鳥らしからぬ圧倒的ステータスから垂れ流される全体攻撃
メガシンカ後は圧倒的な単体火力にスイッチし、EXメイに内定が決まっている

ヘルガー:やや抑えめにしたピジョット
メガシンカ後の火力は確かに高いが、自分のロールとバフがあまり噛み合っておらず悪タイプの内定先はまだ存在しない
将来性は高いものの現状あまり強いとは言えない

シャンデラ:単体火力が非常に高いものの消耗品。瀕死時の火力は暫定最強
ゴースト技を持ちながら弱点がゴーストではないので将来的にお呼びがかかる可能性アリ




T2

ライチュウ:ジャローダと並べて脳死放電オート周回。ケッキングと就職先がやや被るが育てきらなくても機能する
電気アタッカーとしてお呼びがかからない訳でもないのでとりあえず育てて損は無い

ゴウカザル:ぶっ壊れてる要素は無いが単純に炎アタッカーとしての性能が高い
炎弱点には暴れるが等倍は命中不安定な事もあり微妙

ロズレイド:火力は高いがどうあがいてもキモリに勝てない

ジュゴン:ステータスは低いが凍える風による恒久的なSダウンが強力。弱点2で純粋な氷アタッカーとしても使用可能
命中100ではないもののライチュウの麻痺は不都合があるクロバットやゲンガーなどと併用するならこっちになる

ブロスター:長期戦前提だがアタッカーに求められる役割と技のスペックがいまいち噛み合ってない
水アタッカーは選択肢が多いので他が居るならそっちで良い




T3

エンペルト:単純に火力が無い。要介護だがフローゼルやオーダイルと比べた場合明らかに見劣りする

キングドラ:ドラゴン弱点のドラゴンでバーストダメージを求められる割にそこまで爆発力がある訳ではない
命中90と言う事もあり現状ルカリオやケッキングなどで無理やり殴り倒した方が良いケースが多い



T4

ピカチュウ:なぜアタッカーを自称しているのか謎。
現状電気が必要とされるVSチェレンで回復する対象はルカリオになるが、インファイトの特性上どうせ即死するので傷薬を使うあてが存在しない
自身に使うのならライチュウはオート回復を持つのでさっさと南国行って進化して欲しい







サポート

T1

サマヨール:最強物理バフ要員。
強アタッカーが物理に偏っている現状あらゆる所に持ち込んでもOKだが手動必須
バフ専とかやるとパッシブが無駄になるので2匹目からはちゃんと物理アタッカーを出して合流する事

ジャローダ:最強特殊バフ要員。
特殊アタッカーは自前でバフをかけられる事が多い為サマヨールほど万能ではないがそれでも強い
計算式の関係上ソロモードでは全ポケモン中一番狙われる優先度が高い。ジャノビーの場合サマヨールの下になるが、
そもそも併用する事はないのであまり気にする必要はない

ミジュマル:サマヨールと同系統のバフを持つが、ミジュマルが素早さ増加に対し
サマヨールはわざゲージを直接増やす上に使い捨てが可能なので優先度はサマヨールの方が高い
それでも強い事には変わりなし




T2

メガニウム:雑にあらゆるバフを巻き散らした上で壁も貼れるが、
状況によりサマヨールとジャローダの使い分けで良く日本晴れが無ければ1段階上昇なので器用貧乏な面が強い
裏を返せば脳死でどこにでも持ち込めると言う事でもあるが、特化要員が居る以上そっちでよくね感は否めない

ルナトーン:AC2段階上昇と雑な脳死力を持つ
基本的に劣化メガニウムであるものの代替手段として無くは無い
しかしやはり特化型が居るのでそっちで良いと言う事になる

ノズパス:CSを同時に2段階上昇指せる高性能なバフ持ち
敵の行動ローテーションを読み切った上でピンポイントにワイドガードを繰り返して遅延させれば間接的な味方バフにも繋がる
ただし自身のステータスが貧弱な上、特殊かつワイドガードが効く敵と使える場所はかなり限られている

アサナン:ほぼ劣化サマヨールだが現状味方全体に物理バフと言うだけで強い。

スワンナ:素早さバフに加えオマケで防御も上がり申し訳程度に傷薬もある
火力を引き上げる訳ではないのでソロモード向け




T3 

ムーランド:ゲージを増やして申し訳程度の回復効果が付くもののそれだけ
単純な性能では火力バフの付くジャローダやサマヨールで良いが、ソロモードで併用すると一人のアタッカーを永遠に稼働させる事が可能になる

ハピナス:ゲージを増やせないムーランドでありメイでもある
基本的に現状のゲームバランスはやられる前にやるのが鉄則なので受け身なバフはあまり必要とされていない

ウインディ:素早さバフに加え状態異常への対策ができる
しかし状態異常への対策ができても圧倒的火力で殴り倒してしまえば済む話であり、マルチでもやはり火力バフが優勢



T4

ボーマンダ:防御バフしかない。600族の恥
威嚇はあるものの置物となり純粋に1枠無駄にしているだけ

スターミー:防御バフしかない。ハイドロポンプの威力が高いように見えて素のステータスは低いので安い上命中80

アバゴーラ:タウント持ちだがソロモードでは狙われる優先順位を任意で操作できる上素のステータスが低すぎて壁にもならない
マルチは弾避けごっこするなら火力バフしてください





テクニカル

T1

クロバット:ソロモードでは圧倒的素早さにより立ってるだけでもわざゲージ上昇要因になれる
また事前準備が必要なもののベノムショックの2ゲージ威力命中100は第二アタッカーとして高水準で、
ジャローダと特殊アタッカーを並べて二人で殴りかかると高いDPSを発揮できる
ただしCバフのない状態では弱い

フローゼル:ステータスは低いものの単体でA+6を達成し、たきのぼりによる怯みゲーが可能
オーダイルに次ぐ水アタッカーとして及第点のスペックがある

ネイティオ:味方の介護を受けた状態でステータス変化を2倍にしてアシストパワーで殴りかかる
介護待ちの状態でもあやしいひかりによる遅延が可能でありバディーズ技を受けても能力がリセットされない
多種類のステータスを上げられるメガニウムやノズパスとの相性が良い

ゲンガー:爆発的に素早さを増加させつつさいみんじゅつによる遅延が可能
ただし火力バフは無くnukerとしての性能はシャンデラに劣り催眠自体が運ゲを誘発させやすい
第二アタッカーと言うよりは棒立ちしてゲージ上昇に貢献するタイプ

トゲデマル:ASバフに加えパッシブこらえる持ち
追加怯みもあり電気としてのマルチ適正はライチュウよりこっちの方が高い
物理技を受けると即死するが第二アタッカー自体が敵を選ぶべきロールなので使わなければ良いだけ




T2

アメモース:確定バインドによる継続ダメージが固い敵に対し有効。
威嚇やむしのていこうによるステータスダウンも敵のバディーズ技をギリギリ耐える事に繋がりやすくステータスもそこそこの水準。

ポニータ:単体でA+6達成可能でバフなしクロバット以上の素早さを持つ
炎弱点のマルチでは日本晴れが間接的な火力バフに繋がりアタッカーと兼用する事が可能
ただし素のステータスは素早さ以外微妙。

ペルシアン:防御ダウンによる間接的な火力上昇。
ソロモードではサマヨール+ルガルガンと組み合わせる事でルガルガンが最大火力を発揮できるようになる

ビリリダマ:優秀な自己バフ持ちの電気アタッカーだがバフなしでは弱い。
死亡時のオート自爆で相打ちになると勝利扱いになる

ガマガル:こらえる持ち地面アタッカーになりうる。要介護
ただし技が物理特殊にバラけている上、命中安定技が範囲攻撃でバーストダメージに乏しい

ギルガルド:単体でA+6を達成できる鋼アタッカー。
ただしブレードフォルムは範囲攻撃に巻き込まれると即死する上、物理なのでノズパスとの相性も悪い

グランブル:暫定唯一のフェアリー。
能力ダウン無効を持つがステータスが低く、攻撃技が事実上命中90のじゃれつくしか無い




T3

アマルス:テクニカルでは珍しいわざゲージ増加持ちで怯み確率増加。運ゲ枠
ただし火力バフは無い上にステータスが貧弱で要介護。物理バフ筆頭であるサマヨールがゲージ増加持ちである事もマイナスに働く

アリアドス:クロバットでOK
毒弱点相手に並べた時のシナジーこそあるものの結局ホイーガと並べた方が強い

ラプラス:命中70。
氷アタッカーとして見てもジュゴンが居る上にあっちは火力バフまである

フリージオ:手動こらえる持ち。
くろいきりで敵のステータスをリセットできる唯一のポケモンであるが、そんな事する暇があったら
火力積んで殴った方が手っ取り早い上自身の火力は貧弱なので文字通りただの弾避けにしかならない

コータス:鬼火持ち。
しかしマルチの敵は火傷体制がある事が多く唯一の攻撃技が威力20なので置物になる

ユキノオー:キモリと同じようなゲージ還元バフを持つが、なぜか最大値が4
そして技もステータスも貧弱なのでただ霰を降らすだけの存在であり、氷のアタッカーが必要ならジュゴンが単体で解決している




T4

ミルタンク:火力もバフもない。一応Aバフはかかるがバディーズ技でリセットされるのでそもそもシステムに殺されている

マクノシタ:傷薬投げるだけの置物。物理格闘は競争が激しく最大の敗北者

ドータクン:火力バフなし。テレキネシスによる必中化も強アタッカーは自前で克服できるポケモンが多く
肝心の自身がほとんど恩恵を受けないためアタッカーにもサポートにもなりきれていない

ラフレシア:敵を麻痺させたいならトゲデマルやライチュウで良い
草タイプとして見てもキモリやロズレイドやジャローダを押しのけて入れない

ウツドン:防御を下げるパッシブがあるものの、草のメイン火力はリーフストームなので機能しない
防御下げ要因として見ても確定ダウンがあるペルシアンで良く催眠ならゲンガーが居る

イワーク:これでなにするの

シロデスナ:唯一の攻撃技が威力14、固くない自バフ、意味不明のタウント。全ポケモン最弱






PT組み合わせ

ジャノビー/ジュゴン/クロバット
無課金でも可能な大試練VH全タイプ対応セット
クリティカット→スピーダー→SPアップG
クリティカット→スピーダー→SPアップG
きびしさがたりん→どくどくのキバ(連打、猛毒になったらベノムショック)
以降こごえるかぜと毒技連打、バディーズ技はジュゴンで使い時折元気メイっぱいでSP回復
ジュゴンの急所と毒の入る速さ次第でバディーズ前に撃破可能でバディーズを撃たれてもクロバットは生き残りやすい
ある程度運依存があり安定はしないが、上ぶれを引けばリーダーメモなしでもクリア可能なポテンシャルがある


サマヨール/ルガルガンorルカリオ/ペルシアンorムーランド
大試練VH課金ver
徹底的にアタッカーを介護してひたすら殴り4桁ダメージを連発して相手は死ぬ


ケッキング/自由x2
ケッキングがlv80以上の場合ゲージ9本で試練VHオート安定、最速
自由枠は育成枠でも良いが、弱点を突けるタイプの場合たまにそっちを使ってしまい安定しなくなる


水タイプ/ルカリオ/電気タイプ
VSチェレンHやVHで有効。
まず水タイプで豚を落としてバディーズ技を受け退場、ルカリオを出してインファで犬を落としたら残党狩り
ハードはともかくVHは3人がこれをやるか一人サマヨールorアサナンで物理バフかけるくらいの大縄跳びでないと大抵クリアできない

関連記事

コメント

トラックバック